FC2ブログ
To BLOG Top


CATEGORY
  • 決勝レース・レポート (282)
  • レースウィーク・レポート (16)
  • 各種結果・途中経過 (29)
  • フォト・ギャラリー (5)
  • 投稿フォトコン (参加者部門) (21)
  • 投稿フォトコン (一般観客部門) (44)
  • イベント情報 (20)
  • 観戦ガイド・見どころ紹介 (35)
  • 特別企画記事 (10)
  • レースのまめ知識 (9)
  • スーパー耐久シリーズ (25)
  • その他 (37)


  • LINKS
  • 十勝24時間レース・公式サイト
  • 十勝スピードウェイ
  • YOKOHAMA TIRE
  • 北海道
  • 帯広市
  • 更別村
  • 十勝観光連盟
  • 帯広観光コンベンション協会
  • (社)日本自動車連盟
  • Super Taikyu Net
  • ドバイ24時間レース


  • CALENDAR
    11 | 2018/12 | 01
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    SEARCH


    RECENT ENTRIES
  • 【スーパー耐久 第7戦&スペシャルステージ/もてぎ】 練習走行 (11/14)
  • 【スーパー耐久 第6戦/SUGO】 決勝レース (11/04)
  • 【スーパー耐久 第6戦/SUGO】 公式予選(11/01)
  • 【スーパー耐久 第6戦/SUGO】 練習走行(10/31)
  • 【スーパー耐久 第5戦/岡山国際】 決勝レース(09/08)
  • 【スーパー耐久 第5戦/岡山国際】 公式予選(09/06)
  • 「第15回 十勝24時間レース」 投稿フォトコンテスト 入選作品発表!(08/18)
  • 投稿フォトコンテスト (一般観客部門)(08/06)
  • 投稿フォトコンテスト (参加者部門) (08/06)
  • 投稿フォトコンテスト (参加者部門)(08/06)


  • RECENT COMMENTS
  • ユタカ(07/31)
  • KEO(07/31)
  • Train(07/30)
  • 青森のS耐ファン(07/25)
  • hiro(07/25)
  • YU(07/25)
  • みゆき(07/25)


  • RECENT TRACKBACKS


    PROFILE
    TOKACHI SPEEDWAY
  • Author:TOKACHI SPEEDWAY
  • 北海道更別村の「十勝スピードウェイ」では、2008年7月19日から21日にかけて国内唯一の24時間耐久レース「第15回 十勝24時間レース」を開催いたします。
    この公式ブログでは大会やスーパー耐久シリーズの最新情報をお届けするとともに、期間中は現地よりリアルタイムレポートをお送りいたします。
  • RSS1.0


  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告

    【スーパー耐久 第2戦/仙台】 決勝レース
    宮城県の「仙台ハイランドレースウェイ」で行われた2008年のスーパー耐久シリーズ第2戦は、事前の予想を遥かに超える激戦が展開される結果となりました。


    開催時期がこれまでより遅くなったこともあって暖かな陽気に包まれた「仙台ハイランドレースウェイ」。
    "杜の都"として知られる仙台ですが、サーキット周辺の木々も新緑が鮮やかに映える中での決勝レースとなりました。




    ST1クラスは開幕戦で初優勝を飾ったBMW Z4M COUPEが今回も速さを見せました。
    ポールスタートの28号車と2番手から追う50号車は、チームメイト同士ながら競り合いを展開。そしてこの2台は周回毎に後続をどんどん引き離していき、ランデブー体制で終始レースをリード。
    終わってみれば2台のBMWは他の全車を周回遅れにする速さを見せ、ともにノートラブルでフィニッシュ。28号車が開幕二連勝を飾りました。



    ST2クラスは開幕戦で終盤のレーシングアクシデントにより初優勝が幻となった11号車「オーリンズ・ランサーEVO X」が初優勝を獲得。
    ライバル勢が2回ピットストップとなる中で唯一の3回ピットストップ作戦を実行、ドライバーがコース上でマージンを稼いだのはもちろん、メカニックもピットストップで千分の一秒を削る迅速な作業を展開してエボリューションXをスーパー耐久初優勝に導きました。



    ST3クラスは333号車「エクセディH.I.S.イングスZ」を軸としてレースは展開。スタートを前嶋秀司選手が担当、後半2スティントは佐々木雅弘選手がステアリングを握りました。
    トップに立って124周の決勝も残り20周ほどとなったところで後ろから猛チャージを見せたのが27号車「FINA ADVAN M3」。
    遂には333号車の真後ろにつけてトップ奪取を狙いますが、佐々木選手も必至に応戦。テール・トゥ・ノーズ/サイド・バイ・サイドの応酬は最後の最後まで目を離せない展開となりましたが、佐々木選手が巧者・小林且雄選手の追撃をかわしてウィニングチェッカーを受け開幕二連勝を飾りました。



    ST4クラスはシビックタイプR同士のトップ争いに。
    クラスポールポジションを獲得した76号車「Racing Modulo ADVAN Type R」が主導権を握ってレースを展開していきますが、これに食らいついたのが69号車「J'S RACING CIVIC ADVAN」。
    レースも折り返しを過ぎた頃には立場を入れ替えて69号車が主導権を奪い、そのままチェッカー。今季のシビック初優勝は69号車の梅本淳一選手/久保田英雄選手組が勝ち取りました。

    第3戦はちょうど1ヶ月後、6月15日(日)に「富士スピードウェイ」で開催されます。
    この戦いは4時間、「十勝24時間レース」に次ぐ長丁場となるだけに過酷なものとなりそうです。また開催が6月ということで梅雨の真っ只中、その天候も勝敗を左右する要因になるかもしれません。
    スポンサーサイト


    この記事に対するコメント

    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバック
    トラックバックURL
    →http://2008tokachi24.blog37.fc2.com/tb.php/31-bb407428



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。